CSR活動

健康経営優良法人認定

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。 健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

本認定制度は、中小規模の企業や医療法人を対象とした「中小規模法人部門」と、規模の大きい企業や医療法人を対象とした「大規模法人部門」の2つの部門に分けられます。

セイショウは、中小規模の企業や医療法人を対象とした「中小規模法人部門」認定されています。

健康経営優良法人2017

全席シートベルト着用100%宣言

この運動は、シートベルト着用率の向上並びに交通事故死者数の減少を目的に、事業者ぐるみで「全ての座席でのシートベルト着用」・「シートベルト着用の推進」に取り組んでいこうと、一般社団法人関係5団体が展開しているものです。

セイショウは全営業にて署名・宣言を行い、賛同している他の企業や団体のみなさまと共に、安全・安心な社会・職場を目指していきます。

後席シートベルト非着用による3つの危険

 

CSR活動
環境活動
社会貢献活動